ホワイトニングはどんな人に必要?

歯医者などへ行くとホワイトニングという言葉を頻繁に目にしますが、そこに興味を抱いても実践する人はあまり多くありません。

 

事実自分自身の歯の健康に気は遣っても、色にまでこだわる人は少ないという現実があります。

 

しかし人によっては、ホワイトニングを行うことで大きなメリットを得られる可能性が非常にあります。

 

そこで今回は、ホワイトニングがどのような人におすすめなのかについてご紹介します。

 

接客業

まずは接客業務に携わっている人についてです。

 

特に販売、営業といった職種では、様々な人と対面して会話するシーンがあるでしょう。

 

そのようなときに、歯が汚れていたり黄ばみ過ぎているとマイナス要素となってしまいます。

 

あまりにも真っ白ですと逆に違和感が生まれてしまいますが、自然な範囲で白くしておくと第一印象から好印象を残せる可能性が上がります。

 

そのためホワイトニングが有効であると言えるわけです。

 

ステインが付きやすい

次に、コーヒーや紅茶をよく飲む人やタバコを吸う人にもホワイトニングがおすすめです。

 

コーヒー・紅茶

コーヒーや紅茶を日頃からよく飲んでいると、歯にステインが染み付いていってしまいます。

 

ステインとは汚れではないのですが、ある特別な色素であり歯の変色を招くものです。

 

タバコ

そしてタバコではヤニが歯に付着します。

 

ヘビースモーカーの人の歯が黄ばんでいるように、ヤニは歯を黄色くし清潔感を欠く原因にもなるのです。

 

こうした人たちはホワイトニングをすることで、そのような嫌な色付きを解消することができるでしょう。

 

まとめ

自分の歯は、毎日のように鏡で見るものです。

 

それ故に、現在の自分の歯の色というのは把握するのがなかなか難しいです。

 

ホワイトニングの必要性を自覚できないのはそういったことも理由となっており、どうしても無頓着になりがちであると言えます。

 

理想としては1ヶ月に1度、歯のメンテナンスのついでに色の確認をしてもらうのがいいでしょう。

 

ホワイトニングは歯医者で気軽に相談できますから、少しでも気になるなら歯科医に聞いてみてください。