ホワイトニングに痛みはあるの?

人間の歯は外側からエナメル質、象牙質、歯髄で構成されていて、痛覚がある、痛みを感じられるのは最も内側にある歯髄と、象牙質だけです。

 

それから歯が痛みと認識するのは、歯に対するあらゆる刺激においてなので、熱かったり冷たかったりといった反応が、そのまま痛みとなって脳に伝わります。

 

 

ホワイトニングの最中に生じる痛みの多くがこれで、刺激に対する反応としての痛みなので、虫歯があるだとか、歯を傷つけているということではありません。

 

この症状があまりに酷く、日常生活でも現れるのだとすれば、それは知覚過敏です。早めに医師へ相談したほうがいいでしょう。

 

他に、ホワイトニング中に痛む原因を挙げます。通常、歯の外側にあるエナメル質は痛みを感じません。

 

削れていたり、虫歯で溶けていたりした場合には痛みますが、それならホワイトニングの前に気づきそうなもの。

 

稀にしみるまで気づかないということがあり、この原因が、歯に入った細かなヒビからしみている、です。

 

相談をすれば、施術前にヒビを埋める治療が受けられます。

 

次に、歯茎が衰えて歯の根部分がむきだしになっている場合。

 

歯の根に直接ホワイトニング剤が触れて、傷んでいる可能性があります。

 

これはすぐに治せるものではないので、ホワイトニングの邪魔にならないよう、専用のマウスピースをしてホワイトニングを行います。

 

このホワイトニング剤の濃度が高すぎるために痛むケースもあります。

 

これは患者さんから言わないかぎり気づけないので、気になるなら事前に医師に質問したり、成分を聞き、調べておくといいでしょう。

 

個人個人で成分の合う合わないもありますから、心配な方は先に聞いておくべきです。

 

歯は日常的に外に出る部分。

 

コミュニケーションの上でも歯をみせて笑うのは重要な役割で、相手にいい印象を与えるのには必要不可欠な要素です。

 

だからこそ普段からしっかりと綺麗を保ち、ホワイトニングの知識も十分に持っておきたいですよね。