誰でもわかる「オフィスホワイトニング」とは

オフィスホワイトニングとは、
歯が黄色い、黒ずんでいるという悩みを持っている人は多くいます。

 

歯の黄ばみの原因はタバコのヤニや、コーヒーや紅茶に含まれているタンニンやカテキンなどによる着色汚れです。

 

歯のミネラル成分が溶け出すことでくすんで見える場合もあります。

 

歯の汚れが気になると、表情もぎこちなくなってしまいます。

 

そんなときに嬉しい歯科施術がホワイトニングです。

 

従来歯を白くするには、歯の表面を削って覆いを付けると言う方法が取られていましたが、これは歯に非常に負担がかかる方法でした。そこで登場したのがホワイトニングです。

 

歯に負担をかけることなく経済的負担も少なく済むので、見た目を気にする若い女性を中心に人気を博しています。

 

ホワイトニングを行う回数や期間を調整することで、明度を調節することも可能です。

 

ホワイトニングによって歯が白くなるのは、ホワイトニング剤に含まれる過酸化水素や過酸化尿素の働きがあるからです。

 

これらは一定の温度になると、酵素と水に分解されます。

 

この時に発生する酵素が、歯の着色物を無色透明に分解してくれるのです。

 

更に発生する活性酸素が歯のエナメル質表面層を曇りガラス状に変化させることで、エナメル質の下にある象牙質の色が透けなくなり、白く見えるようになるのです。

 

ホワイトニングには大きく分けて、マウストレーを使って自宅で行うホームホワイトニングと、クリニックで受けるオフィスホワイトニングがあります。

 

オフィスホワイトニングでは歯に直接薬剤を塗布し、光を当てることでホワイトニングを行っていきます。

 

嬉しいポイントは何と言っても即効性です。

 

一度の処置で効果が出るので、早く白い歯になりたいときはおすすめです。デメリットは素早い効果が出る反面、歯の色が戻りやすいと言う点です。

 

1回の処置で満足せず、繰り返し行うことで白さを実感することができます。

 

更にタイミングを見ながら定期的に処置を受けたり、ホームホワイトニングを併用することで白さを維持することができます。

 

特徴

真っ白い歯は、周囲からのイメージもよく、白い歯にしたいと考える方もいるでしょう。

 

タバコを吸う方や、コーヒーを飲む方など歯に色がつきやすく、変色してしまうと、歯があまりきれいにみえません。

 

また、加齢に伴い歯が変色することもあり、そのほかにも歯が溶けて虫歯になった場合なども歯に変色が見られる場合があります。

 

さまざまな原因により、歯が変色してしまうため、歯医者で歯のクリーニングをしてもらい、歯に付着してしまった汚れを落として歯をある程度白くすることも可能です。

 

しかし、比較的変色が薄い場合には、歯のクリーニングでもカバーできますが、変色がかなり濃い状態だと、歯のクリーニングだけでは、歯をきれいにすることは難しいでしょう。

 

そのような場合には、ホワイトニングをすることで、歯をきれいな白い歯にすることができます。

 

ホワイトニングには、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングという方法があります。

 

ホームホワイトニングはそれなりに長い期間治療することが必要ですが、オフィスホワイトニングの場合には、比較的短い期間で歯を白くすることができるのが特徴といえるでしょう。

 

歯を削ることで、歯の色をとるわけではないので、削るなどの痛みを感じることもなく、不快感もあまりないのもオフィスホワイトニングの特徴といえるでしょう。

 

また、複数の歯を白くするために施術することができるため、メリットの一つといえるでしょう。

 

長時間の施術ではないので、ちょっとした空き時間を使ってホワイトニングすることができるため、気軽にホワイトニングしてもらうことができます。

 

自分が希望する白さがどの程度なのかにもよりますが、状況次第では、数回通い施術してもらう必要がある場合があります。

 

きれいな白い歯にしたいと考えている場合には、一度、歯医者でオフィスホワイトニングの詳しい説明を受けてみて、納得した場合には、施術を受けてみるのもいいでしょう。