ホワイトニングの種類について

ホワイトニングとは、歯に付着したヤニや色素を除去する行為です。

 

歯医者で治療してもらうことができます。

 

そのホワイトニングにも種類があり。

 

効果や費用が異なるため、事前に知識としてどのようなものがあるのか、知っておく必要性は高いです。

 

まず、最もベーシックなものが、ハイライトという手法です。

 

これは、1992年から行われています。

 

日本の企業である松風のアメリカ法人が開発したものです。

 

方法は、ホワイトニング材を歯の表面に塗って、そこにハロゲンライトを当てて色素を除去していくという方法です。

 

徐々に効果を発揮していくので、一回の施術だけでは完全に白くはなりません。

 

一回20運ほどの治療を、数回行うことで、効果を発揮します。

 

効果には個人差があるため、この回数は人により異なります。

 

費用は、一回当たり数千円です。

 

次の手法が、レーザーホワイトニングです。

 

これは、ハロゲンライトではなく、ダイオードレーザーを歯に当てる手法です。

 

強力なレーザーで薬剤を活性化させるため、一回の施術でも効果を発揮するのが特徴です。

 

その代り、歯を一本ずつ、レーザーを当てて治療していくため、すべて終わるのに一時間以上かかります。

 

費用は1万円から3万円ほどです。

 

スピードホワイトニングという手法もあります。

 

これは、ハロゲンライトの400nm付近の波長部分を3倍に増幅して、薬剤を塗った歯に波長を当てる手法です。

 

レーザーホワイトニングよりも安く、効果も同程度期待することができます。

 

一度の施術でも十分な効果を発揮できるのが魅力です。

 

LEDホワイトニングというものもあります。

 

これは、LEDをアーチ形にして、は全体に光が当たるようにしている方法です。

 

そのため、効率的に効果を発揮させることが可能となっています。

 

およそ、一時間程度で、カラーガイド3から5段階分、歯を白くすることが可能です。

 

以上は一例で、ほかにも種類はあります。

 

効果や費用は異なるので、自分が行こうと思っている歯科では何が行われているのか、確認しておくようにしましょう。