歯をホワイトニングする際の方法

歯は様々な原因でその白さを失います。その原因の1つは着色を含む食品です。

 

カレーやソース、コーヒーに赤ワインなど様々なものがあり、これらを定期的に摂取することで表面を覆っているエナメル質という組織に色素が少しずつ沈着してきます。

 

万が一黄ばんでしまった場合、ホワイトニングを行うことで元の白さを取り戻すことができます。

 

ホワイトニングの方法には自宅でできるものと専門医でできるもの、または自宅と専門医の両方でできるものがあります。

 

自宅でできるものの中で一番手軽なのが美白用(ホワイトニング専用)の歯磨き粉です。

 

美白用のものには表面に付着した汚れを落とす研磨剤と汚れの黄ばみの原因となっているステインを浮き上がらせる成分を含んでいます。

 

徐々に白さを取り戻すもので、専門医でのホワイトニング後に白さを維持するのにも効果があります。

 

一方、歯磨き粉に比べて扱いが難しいものの、直ぐに効果が出るのが「専用マニキュア」です。

 

ドラッグストアなどで購入できるもので、専門医で表面を削る必要もありません。

 

専門医で専門的な治療を受ける場合、表面の着色や汚れを落とすクリーニングか汚れが固まった歯石の除去を行います。

 

食事をする度に表面からカルシウムなどが溶け出し、唾液中のミネラル成分によって再石灰化することで元に戻るのを繰り返します。

 

その際、細菌の塊であるプラークがミネラル成分と結びついて硬くなったのが歯石で、黄色や黒いものなど色がついています。

 

それを落とすことで白くなります。また、毒素を含む要因ともなっており、いづれは様々な合併症を伴う歯周病の原因となります。

 

歯石を取ることはホワイントニングにもなり、同時に病気の予防にも繋がります。

 

ちなみに、食べ物による着色は1回で落ちることもありますが、タバコのヤニは1回のクリーニングでは落ちず、複数回行う必要があります。

 

歯が白くなれば気分も明るくなります。

 

しかし、誤ったホワイトニングの方法が逆に傷つけてしまったり、すぐに戻ってしまいます。

 

自分に合った正しいホワイトニングを行うことが重要です。